銀座ツバメプロジェクト

ツバメは古巣にやってくる習性があります。そのためビルの建て替えなどで古巣がなくなるとツバメが減ってしまいます。アスファルトで覆われた都会では巣作りのための土が足りないこともツバメを減らす原因です。そのような都会で、人工巣を使ってツバメを呼び戻す活動を始めました。モデルケースとして、東京の銀座でツバメの復活に取り組んでいます。

2019年3月7日に、老舗デパートの松屋銀座にあるツバメの古巣のそばに、人工巣をひとつ取り付けさせてもらいました。銀座で毎年ツバメがヒナを育てる場所は、この松屋の一カ所だけになっています。

昨年はこの古巣を巡ってツバメ同士がケンカをしていたので、もうひとつ巣があれば2家族が暮らせるかもしれません。ツバメは集まって営巣しますから、松屋周辺からツバメの居場所を増やしていくことで、銀座にツバメを呼び戻したいと願っています。

松屋にツバメが帰ってきました。

2019年4月3日の夜、松屋の古巣で1羽のツバメが眠っていました。ツバメは先にオスがやってきて、それからメスとつがいになります。一度子育てをしたツバメは、オスもメスも同じあたりに戻ってきます。偶然に同じ巣を使うこともありますが、普通はいくつもある古巣のどれかを使うため、同じ通りや町内のどこかの巣にいるということが多いようです。しかし銀座にはここしか古巣がありませんから、このツバメは、去年ここでヒナを育てたオスの可能性がありそうです。人工巣には、まだツバメは来ていませんでした。