ツバメのフン受けの使い方

壁掛型フン受けの使い方

折り目で曲げて組み立てます。


壁に貼るときはアルミテープがお勧めです。

アルミテープは壁の凹凸に沿うので、しっかり付きます。表面がなめらかな壁では普通のテープで接着できます。

巣から30cm以上離して抱卵が始まってから設置します。

フン受けが巣に近すぎたり、ツバメの警戒心が強い産卵前の時期に設置すると、ツバメが巣を放棄する恐れがあります。

床置型フン受けの使い方

プラスチック台紙を床にテープで留めます。

テープでしっかり付かない場合は、石などの重しを載せて、風に飛ばされないようにしてください。

フン受け用紙を載せて輪ゴムで留めます。

用紙は四辺を糊で綴ってあります。フンで汚れたら、右下の「めくり口」から剥がして、新しい用紙を表に出してください。

用紙は耐水性です。

フンがたくさん落ちても、下の紙まで水分が染みることはありません。この用紙は水に溶けないため再生紙へのリサイクルができません。余った用紙は燃えるゴミに捨ててください。