カラス対策

近年では、ツバメの一番の天敵はハシブトガラスです。ハシブトガラスも春から夏は繁殖期なので、自分ヒナに食べさせるためにツバメのヒナや卵を狙いますす。 カラス対策の基本は、巣の前面に障害物を作ってツバメは通れるけどカラスは通れないようにすることです。ひも、ネット、すだれなどを使う方が多いようです。テグス(釣り糸)は鳥に見えないので、ツバメやカラスがぶつかって怪我をすることがありますから使わないようにしましょう。

立派なアルミのカラス避け柵。下が開いていますが、カラスが翼を広げると柵か壁に当たるので巣を襲いにくくなります。

カラスは翼に何かが触れるのを嫌がるので、柔らかなネットでも防げます。

一番手軽なのは、巣の周囲にひもを張ることです。透明なテグスはぶつかると怪我をするので、ツバメにもカラスにもよく見えるひもを使いましょう。

このようにひもを垂らしただけではカラスが入ってきます。ひもの両端を壁や天井に接着しましょう。

100円ショップのダイソーで売っている園芸用ネット(編目20cm)で巣を覆っています。ツバメは羽をすぼめて、上手に網をくぐり抜けます。

網の目をくぐる様子をアニメーションでご覧下さい。