取り付け簡単なツバメのフン受け を配布しています

 ツバメは人が集まる場所に巣を作る習性があるため、鉄道の駅や道の駅、サービスエリア、商店街のような場所では多くのツバメが子育てをしているのを見かけ ます。一方で、ツバメは可愛いけれど、糞が落ちるので困るという声を聞きます。お店や駅などでは、お客さんに糞がかからないか心配で、ツバメの巣を落とし てしまうところもあるようです。そこでバードリサーチでは、ツバメと人とが仲よく暮らしていけるお手伝いにと、簡単に取り付けられるプラスチック段ボール製のフン受け を製作しました。

   
たくさんの人がツバメを見ることを楽しみにしています。フン受けを付けることで、人にもツバメにも住みよい環境を作れます。


 ツバメのフン受けは(株)シー・アイ・シー様の協力で製作しました。全国の道の駅や鉄道の駅、高速道路のサービスエリアなどにフン受けを配布しています。これは全国のツバメの巣に対しては小さな数です。しかし、多くの人が目にする場所にこうしたフン受けを付けることで、ツバメの巣を大切にするという気持ちが広がることを目指しています。

     
     

ツバメブログの関連記事 

新しい床置きタイプのツバメのフン受け、できました 2018年06月28日

ツバメの巣の下に置くタイプのフン受けを作りました。フンや雨に濡れてもやぶれない耐水紙が20枚綴りになっていて、汚れたら1枚ずつめくって使います。7月末まで、Amazonで販売しています。

京王線のツバメフン受け 2018年06月05日

糞が落ちないようにしてツバメと人との摩擦を減らし、ツバメの子育を受け入れてもらえるよう、バードリサーチでは駅やサービスエリアなどのツバメの巣が多い場所にフン受けを提供しています。この活動に協力して下さっている京王電鉄(東京と神奈川に路線があります)の駅で、6月3-4日にツバメのようすを見てきました。
  ツバメ糞受けの歴史 2018年05月13日

歴代のツバメのフン受けを紹介します。
ツバメの巣の下にフン受けを付けること自体は各地で行われてきたことで、ツバメへの優しい気配りを感じさせるものの、このような残念なフン受けをよく見かけました。善意で作ってくれているのですが、これだとツバメが警戒して、翌年から来なくなってしまいます。

私のご近所のツバメのフン受け 2018年04月24日

バードリサーチではツバメのフン受けを配布しています。今年も関東各地の高速道路サービスエリア、京王電鉄の駅、各地の道の駅、バードリサーチにお申し込みいただいた皆様のお宅や職場、それから支援してくださっている株式会社シー・アイ・シーから配布していただいた全国のさまざまな場所でご利用いただいています。